中学受験・子供の学習に関する情報交換サイト

トップ > 首都圏私立・国公立中学校

東京家政大学附属女子中学校 みんなの受験情報


エリア: 板橋区   種別: 女子   コメント 0



東京家政大学附属女子中学校の紹介

所在地:東京都板橋区加賀1-18-1
代表電話番号:03-3961-2447
種別:女子
HP:http://www.tokyo-kasei.ed.jp/


東京家政大学附属女子中学校の概要   (Wikipediaより抜粋)

東京家政大学附属女子中学校・高等学校(とうきょうかせいだいがくふぞくちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、東京都板橋区加賀一丁目にある私立中学校・高等学校。似た校名の東京家政学院中学校・高等学校とは系列関係にない。

沿革
1881年 - 本郷湯島に和洋裁縫伝習所を創立
1892年 - 東京裁縫女学校と改称
1929年 - 東京裁縫女学校を渡辺女学校と改称
1941年 - 渡辺高等女学校となる
1947年 - 学制改革より新制の渡辺女子中学校を併置
1948年 - 新制の渡辺学園女子高等学校を設立し、渡辺高等女学校を廃止
1949年 - 東京女子専門学校が東京家政大学に昇格したことにより、中学校は東京家政大学附属女子中学校、高校は東京家政大学附属女子高等学校と改称

<<制服>>
冬服、夏服、盛夏服と分類されていて、冬服はブレザー+セーターまたはベスト+スカート、夏服はセーターまたはベスト+スカート、盛夏服は白襟に紺の一本線の入ったセーラー服+紺無地のスカート。冬・夏服のリボンタイと盛夏服のネクタイは、高校が紺、中学がエンジ色となっている。 冬・夏服のスカートとベストは紺無地とチェック柄で、正装は紺無地を使用するのが決まっている。 靴下は白・紺、黒タイツも使用可。 黒タイツ以外すべて学校指定である。

<<校章の由来>>
校章全体のコバルト色の台は、古代の騎士が用いた楯をかたどっている。上部には燃え立つかがり火。下部には羽を広げた白鳩を配する。楯は身を守りつつ前進するための武器であることから、「強固な意志」を表す。四方の闇を照らすかがり火は「叡智と聡明」を、燃え立つ炎は「真心と情熱」を、大空に羽ばたく白鳩は「自由と平和」を象徴し、かつ「純潔」を意味している。(卒業生の会員名簿に記載された記述を参照しています。)


東京家政大学附属女子中学校の学費情報

コース区分: なし
入学手続時納入金: ¥200,000
入学金: ¥200,000
年間授業料: ¥396,000
授業料納入方法: 三期分納
設備費等: ¥240,000
その他の諸経費: ¥297,840
初年度納入額合計: ¥1,133,840

東京家政大学附属女子中学校の過去問題集

東京家政大学附属女子中学校 28年度用―声教の中学過去問シリーズ (4年間スーパー過去問115)

経験豊富な解説・解答スタッフが執筆。くわしい出題傾向分析で試験対策も万全。応募状況・進学実績など学校情報が満載。実際の大きさで練習できる「拡大率」つきの別冊解答用紙で実戦力アップ。

東京家政大学附属女子中学校の周辺地図

『東京家政大学附属女子中学校』へのアクセス情報 

・JR埼京線 十条駅 徒歩5分
・都営三田線 新板橋駅 徒歩12分
・東武東上線 下板橋駅 徒歩15分


Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」さしあげます!

『東京家政大学附属女子中学校』に関する情報共有

情報共有する


Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」さしあげます!

戻る